• White Facebook Icon
  • White Instagram Icon

© 2018 KUROMO SHIROMO

あらばしり・なかどり・せめ

元ソムリエという異色の経歴を持つ若手蔵元・薄井さんが醸す、栃木の銘酒「仙禽」。

一年に一度、新酒の時期だけの限定酒、初槽の同一タンクからの「搾りパート違い3種類(あらばしり、なかどり、せめ)」、入荷しました。

お酒をタンクから搾るときに最初に出てくる部位を「あらばしり」、続いて出てくる真ん中の部位を「なかどり」、最後に出てきた部位を「せめ」と呼びます。それぞれに香りや味の違いがあるので、通常はブレンドして味を均一化してから瓶詰めしますが、「仙禽」では新酒一発目のタンクに限り、あえてパート別に瓶詰して出荷しています。精米歩合50%・純米大吟醸規格の新酒のマニアックにして贅沢な企画、是非とも3種飲み比べでお楽しみください!

仙禽ファンはもちろん、搾りの部位違いが香味にどう影響するのかが気になる日本酒ファンの方にもおすすめです!


今宵も柳町にてご来店お待ちしております。


138回の閲覧